自然の花を生けることなどについて語り合う参加者=佐賀市本庄町の佐賀大学美術館

 自然の草花を生けることについて幅広い世代の人たちが語り合うトークライブが14日、佐賀市の佐賀大学美術館であった。生ける時の思いや表現の仕方などを意見交換しながら魅力を確認した。

 「野の花教室」の柴田三枝子さん(吉野ヶ里町)が開いている展示会の一環で実施した。作品の花を生ける器を提供している佐賀大名誉教授で陶芸家の宮尾正隆さんは「自然はそれぞれの個性が集まったバランスが美しい。それぞれの経験や感覚で生けてもらえれば」と呼び掛けた。

 参加者からは「命をどう輝かせるかが大事」「新しい草花との触れ合い方を知った」などの感想が上がり、学生は「花は身近にないので作品を見るのは楽しみ」と語った。展示会は12~14日に開催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加