26日に無料ピアノライブ開く新垣隆さん

 有田焼とクラシック音楽を融合させた音楽フェスティバル「ARITA CLASPA(アリタ・クラスパ)!」が8月9、10日の両日、有田町の焱(ほのお)の博記念堂と泉山磁石場で開かれることが決まった。今月26日には作曲家でピアニストの新垣(にいがき)隆さんがメインテーマ曲を作るため同町を訪れ、入場自由の無料ライブを開いて同フェスをPRする。

 昨秋にオペラユニットのTHE LEGEND(ザ・レジェンド)が、日本磁器発祥の地の泉山磁石場でミニコンサートを開催。陶石採掘で削られた形状が、野外音楽場のような音響効果をもたらすと好評で、今回の音楽フェス開催につながった。

 音楽フェスには新垣さん、ザ・レジェンド、ピアノデュオの鍵盤男子、ピアニストの大井健さん、中村匡宏さんらが出演する。ゲストとして、佐賀市プロモーション大使でバリトン歌手の吉武大地さん、和太鼓独奏者の先駆けの林英哲さんらも演奏を披露する。また、磁器の産地、有田ならではの碗琴や磁器太鼓と出演者のコラボも予定している。

 新垣さんは、2014年に作曲者偽装問題が発覚した佐村河内守さんのゴーストライターを務めていたことを公表。その後は、音楽家として表舞台で活躍している。無料ピアノライブは26日午後4時から焱の博記念堂ロビーで開かれ、誰でも入場できる。音楽フェスの詳細はhttps://www.aritaclaspa.com/。問い合わせは主催のカンパニーイースト、電話03(6427)0162(平日午前11~午後5時)。

このエントリーをはてなブックマークに追加