有田陶器市の回数にちなみ116万円で販売される福袋の中身。シルバーのモール内の商品が対象=有田町の丸兄商社

 陶磁器製造販売の丸兄商社(西松浦郡有田町中樽)は、第116回有田陶器市の回数にちなみ、「116万円福袋」(税別)を27日から販売する。店舗とインターネットでの販売用にそれぞれ1セットずつ用意する。

 陶器市に合わせて毎年企画している。同社販売分は、1・3メートル超の染付のつぼや松が描かれた陶器の大きな花瓶など美術品9点と、そうた窯などの食器25点の計34点になる。ネット販売分は美術品8点で、山水を描いた直径1メートル近い染付の3尺皿や、染錦の飾りつぼなどを入れる。

 いずれも総額600万円以上をセットにした。今年は10連休に合わせて27日~5月6日までが販売期間で先着順。問い合わせは同社、電話0955(42)3052。

このエントリーをはてなブックマークに追加