腕時計メーカー、セイコーウオッチ(東京)が展開する日本の匠の技を取り入れた機械式腕時計のシリーズに、西松浦郡有田町の窯元「しん窯」(梶原茂弘社長)が手掛けた有田焼の文字盤が採用された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加