西日本建設業保証佐賀支店が前払い金の保証状況を基にまとめた3月の県内公共工事動向によると、件数は前年同月比4・8%増の238件、請負金額は同27・2%減の65億1100万円だった。前年度、有明海沿岸道路関連の大型工事があった反動で、減少した。

 発注者別にみると、国が48・0%減、県も44・6%減。市町は小城市の小中学校エアコン設置事業などがあり、40・3%増加した。「その他の公共的団体」は日本下水道事業団による鹿島市の雨水ポンプ設備工事など大型工事があった。

 昨年4月からの累計は、件数は前年度比3・4%増の2650件、請負金額は同0・8%減の1008億8千万円で、2年連続のマイナスだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加