佐賀県は16日、改元などに伴って10連休となる4月27日から5月6日までの県内の医療提供体制を取りまとめ、県のウェブサイトで情報を公開した。保育が可能な施設も確認できる。

 県医務課によると、連休初日の4月27日は通常の土曜日と同じ体制で、7割の病院や診療所が午前中、一般外来を受け付ける。連休中盤の4月30日と5月2日は、投薬治療や薬の処方で不便をかけないように、一般外来を終日受け付ける病院が多い。病院や診療所によって診療時間などは異なる。サイトでは市町別の診療予定表が確認できる。

10連休における医療施設一覧

 保育施設は、連休中の保育のニーズを想定して受け入れる。県こども未来課によると、認可保育施設は佐賀市や唐津市など5市4町の16施設、認可外保育施設は4市1町の10施設が予定している。在園児と、在園していない園児をそれぞれ受け付ける。

 利用形態や、預けるための条件は園によって異なり、申込期限もある。こども未来課は「実際に受け入れができるかどうかは各施設に確認をしてほしい」と話している。

10連休における保育可能施設一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加