初代ミス・カンフォーラ・サガになり、ミスブライダルモデル全国大会でグランプリに輝いた岩屋美咲さん

 2019年の「ミスブライダルモデル全国大会」で、佐賀県鹿島市の岩屋美咲さん(24)=スパークルプロモーション所属=がグランプリに輝いた。昨夏にモデル業への挑戦を決断して以降、さまざまなレッスンで学び、トレーニングを重ねてきた成果が一つ実った。

 ドレスや式場の企業広告などに起用されるモデルのミスコンテスト。1571人がエントリーし、全国大会は3月22日、東京で開催された。岩屋さんは地区大会を通過した120人のうち、ドレス審査での表情や所作の美しさが高く評価されて日本一になった。ドレス撮影のほか、イベント出演などの依頼が届くようになり、活躍の場を広げている。

 岩屋さんは佐賀・福岡を拠点に佐賀独自のミスコン「ミス・カンフォーラ・サガ」としても活動している。昨夏、勤めていた証券会社を退職して挑んだ最初のコンテストだった。3カ月間にわたる大会で、ウオーキングやダンス、スピーチなど特訓の日々に全力でぶつかったという。

 チャレンジするまで「自分の気持ちや言葉にふたをしがちだった」と振り返る。自分を変えたくて必死に勉強し、1月に初代ミス・カンフォーラ・サガの座をつかんだ。「少しずつ自信を持てるようになった」。弾みをつけたように3月、全国のブライダルモデル大会のステージに上がった。

 6月2日に開かれる地元・鹿島のイベント「ガタリンピック」ではイメージガールに就任。泥まみれの笑顔がはじける1枚がポスターに採用された。「明るさ、親しみやすさ、強さ。自分の内面を磨きながら、佐賀の良さを発信していける存在になれれば。これからがスタートですね」。そんな思いを胸に、歩みを進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加