第48回日本男子ソフトボールリーグ第1節最終日は14日、広島県尾道市の御調ソフトボール球場で11試合があった。ダイワアクト(佐賀市)は豊田自動織機(愛知)、トヨタ自動車(同)に勝って開幕4連勝。昨季王者の平林金属(岡山)などともに首位に立った。

 豊田自動織機戦は初回に白水啓太、乘本真視の連打などで4点を先制。二回に2点差まで迫られたが、二、四、六回に1点ずつを加え、7-3で振り切った。

 続くトヨタ自動車戦は1-1で迎えた五回に古川恵士の適時二塁打で勝ち越し、六回には乘本の2点三塁打で突き放した。投げてはウエムル・マタがリーグ記録を更新する17奪三振を奪う快投を見せ、4-1で勝った。

 第2節第1日は5月18日、福岡県北九州市のひびきコスモス運動場などで17試合があり、ダイワアクトは埼玉県庁クラブ、Neo長崎と戦う。(松岡蒼大)

豊田自動織機

0200001-3

410101×-7

ダイワアクト

(豊)濵田、上田-釣井

(ダ)アンドリュー-升水

▽本塁打 深津(豊)升水(ダ)

▽二塁打 釣井(豊)

トヨタ自動車

0100000-1

001012×-4

ダイワアクト

(ト)櫻田-西森

(ダ)マタ-升水

▽三塁打 乘本(ダ)▽二塁打 真崎(ト)古川(ダ)

このエントリーをはてなブックマークに追加