会社情報提供エリア開設の除幕式を終え、握手する佐賀大学の寺本憲功研究・社会貢献担当理事(右)と松尾建設の藤川和敏顧問=佐賀市の佐賀大学

 佐賀大学は、学生の地元定着率の向上を目指すため、付属図書館内に会社情報提供エリアを開設した。企業ボードを設置し、企業概要やインターンシップ情報などを発信できる。利用企業枠は全10枠で、9枠分を募集している。

 会社情報提供エリアは図書館1階東側。企業による情報発信のほか、館長の許可が得られれば隣接する談話スペースで、パンフレット配布や、教員との共同研究など打ち合わせにも利用できる。利用第1号は松尾建設(佐賀市)で、大学と同社の関係者が出席し3月に除幕式を行った。

 1企業当たり、エリアの床面積は横70センチ、奥行き150センチ。利用料は1年間60万円で、年度途中からの場合、月割りとなる。

 問い合わせは佐賀大学学術研究協力部社会連携課、電話0952(28)8151。

このエントリーをはてなブックマークに追加