太陽誘電―豊田自動織機 2安打完封した太陽誘電・藤田=パロマ瑞穂野球場

 太陽誘電―豊田自動織機 6回、決勝打を放つ太陽誘電・中溝=パロマ瑞穂野球場

 ソフトボールの日本リーグ女子は14日、名古屋市のパロマ瑞穂野球場で開幕節の残り3試合が行われ、昨年3位の太陽誘電が同4位の豊田自動織機を1―0で下した。デンソー、伊予銀行も勝った。

 太陽誘電は六回1死から藤田倭(佐賀女子高出身)が三塁打で出塁し、中溝優生(同)が右前適時打を放った。エース藤田は2安打完封。デンソーはシオノギ製薬に1―0で勝ち、伊予銀行はNECプラットフォームズに延長八回タイブレークの末、3―2でサヨナラ勝ちした。日本リーグは12チームによる2回戦総当たりで争われ、4位までが決勝トーナメントに進む。

藤田、投打で活躍

 ○…太陽誘電の藤田が投打に活躍した。六回に先制点の起点となる三塁打を放つと、投げても2安打完封。ソフトボール界の「二刀流」の力を見せつけ「投げる方で相手に流れを渡さなかったのが大きかった」と開幕戦の勝利を喜んだ。

 日本代表では大黒柱の上野に次ぐ存在として、大きな期待を背負う。来年は東京五輪が控えるだけに「今年は結果にこだわってやっていく。新たな自分の投球スタイルを築いていきたい」と強い思いを口にした。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加