議員のなり手不足が地方自治の課題となる中、14日告示された統一地方選の後半戦。佐賀県鹿島市議選(定数16)は18人が立候補し、このうち新人4人はいずれも65歳以上の“シルバー”世代が占めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加