21日に東与賀文化ホールでコンサートを開く北村尚志さん(提供)

 小城市のシンガー・ソングライター北村尚志さん(57)が21日午後2時から、佐賀市の東与賀文化ホールでコンサートを開く。4年ぶりに発売するシングルCD「明日の忘れもの」収録曲2曲を初披露し、癒やしと勇気を届ける。

 第1部はアコースティック編成で、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」や美空ひばりの「川の流れのように」など昭和歌謡約10曲で盛り上げる。第2部はフルバンド編成で、オリジナル曲を10曲ほど演奏する。深町宏さん(サックス)や西山茂樹さん(キーボード)ら6人のミュージシャンも出演する。

 新曲は、北村さんが「自分たち世代に聞いてほしい」と話すラブソング。FM佐賀でラジオ番組のDJを務めていて、番組に届いた投稿FAXに感動し作曲したという。

 同ホールでは約2年ぶりのコンサートで、北村さんは「ここが新たな出発点であり、自分の第2章という気持ちで挑む」と意気込む。チケットは全席自由1500円(当日200円増し)。未就学児は入場不可。問い合わせは東与賀文化ホール、電話0952(45)3939。

このエントリーをはてなブックマークに追加