春まつりを盛り上げた神埼清明高吹奏楽部のメンバー=神埼市神埼町の佐賀整肢学園「かんざき日の隈寮」

 神埼町の佐賀整肢学園かんざき日の隈寮(77人、江里口忠雄施設長)で13日、春まつりが開かれた。入寮者やその家族、地域住民など約250人が演奏やダンスを楽しみ、会場は笑顔であふれていた。

 神埼清明高の吹奏楽部6人は、星野源さんの「ドラえもん」をリズミカルに演奏。「津軽海峡冬景色」など3曲の演歌メドレーでは、利用者が口ずさむ姿も見られた。小学生から高校生で構成する上峰町のダンスチーム「LED SPEAR」は軽快な踊りで会場を盛り上げた。

 日の隈寮日舞クラブのメンバー18人も、そろいの法被をまとって「きよしのズンドコ節」など3曲を披露し、会場からは自然と手拍子が起こった。また、寮の職員が練習を重ねてきたダンスを懸命に披露し、家電製品などが当たる抽選会も盛り上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加