うれしの茶の礎を築いたとされる吉村新兵衛(1603~1657年)をしのぶ「新兵衛まつり」が12日、嬉野市嬉野町不動山地区にある顕彰碑前であった。関係者ら約80人が集まり、茶業のさらなる振興を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加