2季連続7度目の優勝を果たし、笑顔で記念写真に納まる久光製薬の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 東レを下し2季連続7度目の優勝を果たし、喜ぶ久光製薬の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールのVリーグは13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで女子プレーオフ決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25―18で制した。

 久光製薬は第2戦で相手の守備に手を焼き、フルセットの末に敗れた。ゴールデンセットでは攻撃陣が奮起。アタックで石井と野本が4点、アキンラデウォが3点を奪った。ブロックのチーム3得点も光った。最高殊勲選手賞にはアキンラデウォ、敢闘賞には東レのクランが選ばれた。

 リーグは今季から地域密着を掲げた新生「Vリーグ」となり、西5チーム、東6チームのカンファレンス制を導入。久光製薬はレギュラーラウンドを18勝2敗の西地区1位で終え、東西両地区8チームによるプレーオフ「ファイナル8」も7連勝で1位となり、8季連続で決勝に進んでいた。Vリーグ優勝で、昨年10月の福井国体、12月の全日本選手権と合せてシーズン3冠を成し遂げた。

 男子決勝のパナソニック―JTの第2戦は14日に行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加