「しろいし牛プレミアムチーズバーガー」のセット

 畑に囲まれた道を進んでいると、精肉店兼カフェ「TOMMYBEEF」の真新しい看板が見えてくる。白石町のブランド牛「しろいし牛」を使い同店が提供する「しろいし牛プレミアムチーズバーガー」(1050円、税別)は、精肉店のものとあってジューシーな肉汁があふれる。

 塩味のある肉と自家製マヨネーズ、肉の脂できつね色に炒めたタマネギの甘みが好相性。マヨネーズには旬の野菜を刻み入れ、紫キャベツやセロリなど季節ごとに変わる色合いと味を楽しめる。

 昨年11月29日(いい肉の日)に店主の吉原龍樹さん(31)がオープン。父親が町内で営む牧場の肉を販売し、おいしい食べ方を客に直接伝えようと、カフェ併設の同店を構えた。

 牧場オリジナル牛である「白富(しろとみ)牛」の赤身肉を味わえる「白富牛バーガー」(750円)も人気。「白富牛メンチカツバーガー」(650円)はステーキ肉100%のぜいたくな逸品だ。

 精肉店ではカフェで提供するハンバーグも販売する。吉原さんは「量り売りの肉屋は少なく、買い方を提案していければ。『町の精肉屋』を目指したい」と地元に愛される店づくりに励む。

▽白石町福富3806

▽10~19時

▽木曜定休

▽電話0952(48)0005

このエントリーをはてなブックマークに追加