深紅のイチゴは朝日を浴びて輝いていた。4月上旬、杵島郡白石町。佐賀県産イチゴの新品種「いちごさん」を栽培するビニールハウスで、森達哉さん(31)は早朝から日が高くなるまで収穫作業を続けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加