教室で先生に名前を呼ばれ、元気よく返事をする新1年生=神埼市千代田町の千代田中部小

入学式を終え、外で友達と記念撮影をする新1年生たち=神埼市千代田町の千代田中部小学校

 神埼市など県内の公立小学校159校で12日までに入学式が開かれた。新1年生たちは小さな背中に真新しいランドセルを背負い、保護者や友達と初登校。式後には教室で配られた教科書やお道具セットに興味津々で、これから始まる学校生活へ胸を膨らませた。

 神埼市千代田町の千代田中部小(米倉一成校長)では36人が入学。体育館で在校生全員が出迎えた。米倉校長が「困っている友達がいたら、寄り添い助ける優しい人になってほしい」とあいさつ。在校生からも「農園では野菜を育てて収穫もできる。分からないことは聞いてね」と歓迎のメッセージと歌の大合唱が贈られた。

 入学した重松来奈さんは「ずっと楽しみに待っていた。遠足が一番楽しみ。お勉強も頑張る」と意気込み、母の恵美子さん(45)は「お友達をたくさんつくって元気に楽しく小学校生活を送ってほしい」と目を細めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加