佐賀県鳥栖市教育委員会は12日、鳥栖西中の前の男性校長(58)が新入生122人分の名前、成績など個人情報が書かれた書類を誤って焼却処分したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加