佐賀県警は12日、本年度初の署長会議を佐賀市の県警本部で開いた。三田豪士本部長は「時代や情勢の変化に応じたタイムリーな諸対策の推進を」と訓示し、警備対策の強化など7点の重点項目を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加