城本直子さん

 生まれも育ちも基山町。1988年に司書として採用されてから図書館一筋で勤務してきた。前職は同町まちづくり課図書館係長を務め、1日付で館長に昇格した。「町民の皆さんに親しんでもらえる、居心地のいい場所にしていきたい」と意欲を見せる。

 若いころはカウンター業務を担当していた。司書のやりがいについて「自分が紹介した本を読んでくれて、『面白かったよ、ありがとう』と言われるときが一番うれしい」と笑顔を見せる。同町のブックスタートやセカンドブックプレゼント事業にも関わり、小さな子どもに本に触れてもらう重要性も伝えてきた。

 同図書館は3年前、町中央公園内にリニューアルオープン。木材を多用した開放的な空間が特徴で、ラウンジや多目的室のほか、授乳室や親子トイレも備えており、旧図書館と比べて滞在型になっている。「人と人、人と本の出会いの場として、幅広い世代の人に使ってもらいたい」と話す。

 休日は「遠出しておいしい物を食べたり、本屋を巡ったりして楽しんでいる」。本の魅力を今後も伝えていくつもりだ。基山町宮浦。

このエントリーをはてなブックマークに追加