レスリングのアジア選手権(23~28日・西安=中国)に臨む男子グレコローマンスタイルの日本代表が11日、横浜市の日体大健志台キャンパスで練習を公開した。2017年世界選手権覇者で60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)は「楽な試合は全くないと思うけど、勝てば自分の立ち位置が分かる。優勝したい」と抱負を語った。

 日本勢はグラウンドでの防御が課題。23歳のホープは重点的に取り組んで大粒の汗を流し「アジアでもしっかり形を見つけて、世界選手権にもつなげられたら」と余念がなかった。

 昨年の全日本選手権で破った16年リオデジャネイロ五輪銀メダルの太田忍(ALSOK)とは練習から切磋琢磨(せっさたくま)するライバル関係。「忍さんのためにじゃないけど、アジアでは僕も負けられない」と気概を口にした。

 大会には、グレコローマンスタイル男子87キロ級に鳥栖工高出身の角雅人(自衛隊)も出場する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加