佐賀県は、介護の資格取得を目指す高校生が実習などで負担する経費を助成する事業を本年度からスタートさせた。県内9校の約500人が対象で、介護人材の不足が懸念される中、担い手の育成を後押しする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加