鳥栖市の橋本康志市長は10日、江戸時代に鳥栖が対馬藩の飛び地だった歴史や製薬業の拠点として発展した歴史をまとめた「歴史読本」を対馬市の比田勝尚喜ひたかつなおき市長に贈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加