佐賀県武雄市のふるさと納税の返礼品の配送が300件程度遅れていることが10日、分かった。市によると、昨年末に寄付を受け、家電と食品をセットにした返礼品が発送できていない。業務を委託している小城市の業者は「寄付が集中して入荷できない製品がある。4月中に発送できる」と説明しているという。

 市企画政策課によると、発送が遅れているのは「炊飯器と米」「スチームオーブンと肉」など、家電と食品の約30種のセット商品。発送期限は1カ月程度や3カ月程度で、明記していない場合もあったという。

 寄付は12月末を中心に8万円から42万円まで900件程度あり、300件程度が今も発送できていない。業者は「入荷次第、発送している」と説明しているという。市には1月以降、20件程度の問い合わせが来ている。

 市企画政策課は「商品が届くのが遅れて申し訳ない。業者は4月中に配送できると見込んでおり、時期が判明すれば寄付者に予定日を連絡したい」と話す。

 業者は福岡県直方市でも業務を請け負い、直方市でも家電約1360点の発送が2カ月以上遅れ、1300人超に影響が出ている。

このエントリーをはてなブックマークに追加