世代を超えて楽しめる将棋。女の子も頑張っている

 「唐津市ひれふりランド子ども将棋教室」では毎月第2、4土曜日、小学生らが将棋を学んでいる。講師は日本将棋連盟玲瓏支部支部長(アマ5段)の堀田千せんさん(30)。5月の全国将棋レーティング選手権全国大会に九州代表として出場予定だ。堀田さんに習いたいからと市外から来る子も。礼儀や集中力を養いながら、子どもたちはメキメキ腕をあげている。一緒に楽しみたい仲間を募集中。問い合せは090(9727)9956=堀田さん。

 冨岡 樹生いつきくん(深江小1年)

 糸島市からお父さんと通っています。お父さんに勝つこともあり、勝つ時が楽しい。プロ棋士になりたい。

 

 椎山 颯太そうたくん(鏡山小2年)

 将棋は盤と駒があればいつでもどこでもできるのが好き。藤井聡太6段のような棋士になりたい。

 鶴 貴志くん(鏡山小4年)

 将棋は運だけでない実力世界で、大人、子ども関係なくできるのが好き。棋士になりたい。

 

 楢崎 尚継くん(玉島小6年)

 勝つのが楽しい。堀田先生は優しく、指導が分かりやすい。習い始めて将棋が強くなりました。

 堀田 千さん(30)=講師

 将棋は集中力を持続するる力、人間性を育てます。子どもたちが切磋琢磨せっさたくまする場となり、唐津の将棋人口が増えればと願います。

このエントリーをはてなブックマークに追加