エースナンバー「1」が誇らしげ

 平田龍之介君は玄海みらい学園6年生。3年生から野球を始め、今年は念願のエースナンバー「1」をもらうことができた。5年生のころはレギュラーだったわけではない。ランナーコーチャーや声出しを率先してやっていた。「マウンドからは見えないことを外からしっかり見て勉強してほしい」と野球好きの父駿介さん(36)から教わった。そんな地道な努力が報われたのだろう。

 昨年、母瑠美さん(41)が大病を患った時は、弟や妹の面倒を見てくれて安心して治療することができた。瑠美さんは子どもの頑張っている姿が刺激になり、3月のさが桜マラソン10キロを完走した。

 夢はもちろんプロ野球選手。ソフトバンク東浜投手のファンでもある。と言いつつ家業のイチゴ農家の後継も気になっている家族思いのしっかり者です。

このエントリーをはてなブックマークに追加