20日に講義する「からつ塾」代表の大嶋仁さん

 民間運営で学びの場を提供する「からつ塾」が20日午後3時から、唐津市のJR東唐津駅北側の唐津ビジネスカレッジで開かれる。同塾代表で福岡大名誉教授の大嶋仁さんが「文学と科学-新しい時代に向けて」の演題で話す。

 大嶋さんは従来の文系、理系という分け方はもう古く、両者は相互連携しないといけない時代になったと指摘。講義では「雪の博士」で知られる中谷宇吉郎と、中谷の師匠で物理学者の寺田寅彦のエッセーなどを紹介する。大嶋さんは「科学者が文学を知らない、文学者が科学を知らないでは通じない。皆さんに、これからの時代、どういう教養が求められるかを示したい」と話す。

 参加費は一般1000円、学生500円、小中学生無料。事前申し込みは不要。問い合わせはメールアドレス、karatsujuku87@gmail.com   

このエントリーをはてなブックマークに追加