3月に入港したクルーズ船

 海外のクルーズ船の唐津への寄港が9日、悪天候の影響で相次いで中止になった。佐賀県唐津市はシャトルバスや通訳の手配を取りやめるなど対応に追われた。

 米国のクルーズ会社が運航する小型高級船「スター・レジェント」が9日に唐津港東港への寄港を中止、モナコの会社が運航する「シルバー・ミューズ」も10日に予定していた妙見埠ふ頭とうへの初寄港を取りやめた。

 船舶代理店を通して9日朝、市に寄港を中止すると連絡があった。シルバー・ミューズは定員576人で、大半が欧米からの乗客だった。滞在中は唐津に加え、福岡の太宰府などを巡るツアーも組んでいた。

 市は寄港に備え、港から唐津駅までのシャトルバスや約30人の通訳を手配し、物産展も予定していたが、両替業者を含めてキャンセルの手続きに追われた。

 シルバー・ミューズは20日にも来港する予定で、市みなと振興課は「次に備えたい」と話す。

 市は港の振興と活性化を目的に、国内外の船舶会社に寄港を働き掛けている。今年は既に3隻が寄港し、他に9隻が入港を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加