辻会長(左)から「花筐」のDVDを受け取る峰市長=唐津市役所

 唐津映画製作推進委員会(辻幸徳会長)は8日、同市を舞台にした映画「花筐/HANAGATAMI」(大林宣彦監督)のDVDとブルーレイの発売を機に、同市近代図書館や各市民センターにDVDを贈呈した。

 映画はふるさと納税で制作費を集め、ボランティアやエキストラに市民約3千人が参加し、四十数カ所で地元ロケがあるなど「オール唐津」で撮影された。8日は辻会長ら委員会メンバーが市役所を訪れ、峰達郎市長にDVD10枚を贈呈した。

 撮影時のエピソードや、作品が海外でも高い評価を受けていることを紹介して、辻会長らは「古里映画の典型。DVD発売で、あらためて市民の皆さんに自分たちの映画だと思ってほしい」と述べた。

 また、レンタル版とは違いメイキング付きの特典映像や同封のブックレットには完成までの経緯や大林監督の制作秘話などが盛り込まれているとアピール。峰市長は「広く市民の方に楽しんでもらえれば」と礼を述べた。

 DVDは税別4700円、ブルーレイは同5800円で販売中。まいづる各店、TSUTAYA唐津店などで取り扱っている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加