「葉隠」の口述者山本(やまもと)常朝(じょうちょう)が最も敬愛していたのは、33年にわたってお側(そば)に仕えた第2代藩主鍋島(なべしま)光茂(みつしげ)であろう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加