12年に1度、統一地方選と夏の参院選が重なる選挙イヤーの「亥年選挙」。その口火を切る佐賀県議選は投票率が初めて5割を下回った。注目の女性新人がトップで当選を果たす一方、自民のベテラン県議らが落選。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加