九州電力の瓜生道明社長は27日の記者会見で、鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)など県内3施設への2013年度分の寄付について、業績悪化を理由に見送ると述べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加