住友林業佐賀営業所の開設を記念してテープカットする住友林業住宅・建築事業本部の光吉敏郎専務(左から5人目)ら関係者=佐賀市兵庫北

 住友林業は6日、佐賀市に事務所とショールームを兼ねた佐賀営業所を開設した。営業所としては県内初めて。洗練されたインテリアや水回りの最新設備機器を展示するほか、住宅の構造を紹介するブースも設けた。顧客が木の魅力を体感し、住宅のイメージを膨らませる施設となっている。

 営業所は、住宅が立ち並ぶ佐賀市兵庫北に設けた。1階がショールーム、2階が事務所で総面積は約586平方メートル。ショールームにはリビングや風呂、キッチン、床材の見本などを展示している。住宅の構造を紹介するブースでは、同社独自の木造建築技術「ビッグフレーム構法」や、木材の耐震性、耐熱性などを紹介し“木の会社”としての強みを打ち出している。

 式典では関係者約50人が開設を祝った。住友林業住宅・建築事業本部西九州支店の森健太郎支店長は「地域密着型で県民に愛されるよう頑張りたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加