工業団地造成工事の安全を祈願する関係者=3月28日、伊万里市松浦町

 伊万里市が松浦町に計画している工業団地の起工式がこのほど、現地であった。製造業の企業誘致の受け皿として開発し、2020年3月ごろに完成、分譲を開始する。

 「伊万里東部工業団地(仮称)」は、伊万里港と長崎自動車道武雄北方インターチェンジ(武雄市)の中間に位置し、工業用地面積は6・7ヘクタール。伊万里湾沿いの工業団地が残り1区画となり、新たな工業用地が必要となっていた。総事業費は約11億円。

 式では関係者約70人が工事の安全を祈願し、深浦弘信市長が「伊万里の発展と雇用創出に役立てるため、企業誘致にまい進したい」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加