7日に投開票された佐賀県議選では、無所属の新人4人が当選し、自民党の推薦を受けた1人が自民会派入りの考えを明らかにした。ほかの3人は「これから考える」などとして、態度を明確にしなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加