佐賀県人事委員会は8日、障害者を対象にした2019年度の県職員採用試験の実施要項を発表した。本年度の採用試験から身体障害者だけではなく、知的、精神障害者を含めて実施する。試験の案内などは10日から県のウェブサイトなどで公開する。

 第1回目の採用試験は6月30日に実施し、県内に居住していることが条件。1次選考は法律や国語、数学などの教養試験で、7月5日に合否を発表する。合格者は7月13日の2次選考(作文試験、面接)に進む。

 県は障害者の雇用率アップを目指し、年1回だった採用試験を17年度から複数回に増やした。18年度からは対象の障害の程度や年齢を拡充、19年度からは障害の区分を撤廃する。

 試験区分と採用予定人数は行政が3人程度、教育行政が1人程度、警察事務が2人程度。申込期間は4月15日から5月10日までで、インターネットや郵送、県人事委員会への持参で受け付ける。

 問い合わせは県人事委員会、電話0952(25)7295。

このエントリーをはてなブックマークに追加