2月15日は釈迦(しゃか)の入滅の日。この日、鹿島市の干拓地の井手や新籠、常広、重ノ木など農家が多い地区では「花煎(はない)り十五日」という行事が今も行われています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加