トップで当選を決め、大石芳紀後援会長(左)と握手する池田正恭さん=7日午後10時45分ごろ、小城市小城町の事務所

 現職2人と新人1人が争った小城市選挙区は、最大票田の地元・小城町を手堅くまとめた現職の池田正恭さん(63)が前回に続いてトップで当選した。

 選挙戦は終始、組織力で上回る現職が優位との見方が強かった。それでも「1期目の厳しい評価を受け止めて、力に変えていく」。陣営に漂う安心ムードを振り払うように街演で頭を下げ、小城町の市議8人や地域の支援で支持を広げた。

 「選挙期間中、手を握った人たち、応援してくれた皆さん、全ての期待に応えたい」。池田さんは事務所に集まった大勢の支援者に感謝し、2期目への決意を新たにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加