満開の桜の下、ヨガを楽しむ参加者=唐津市の鏡神社宮ノ原

 満開の桜の花の下、ヨガを楽しむ「桜Yoga」が6日、唐津市の鏡神社宮ノ原で行われた。児童から大人まで、市内外の愛好家約50人が参加。春のうららかな陽気の中、約1時間半にわたり多彩なポージングで、ゆったりと心身を整えていた。

 同市のヨガスタジオ「ACTOMO(アクトモ)」代表の上妻智子さんが講師を務め、この日はベーシックなメニューを取り入れた。桜の花を感じながらの瞑(めい)想(そう)からスタート。呼吸法を実践した後、ゆったりとした動きで、さまざまなポージングに取り組んだ。静かな音楽が流れる中、参加者は屋内とは違う開放感とともに桜や風をじかに感じながら、安らぎの時間を過ごしていた。

 同市浜玉町から参加した甲斐敦子さんは「空を見上げるポーズの時、視界が青空と満開の桜だけになり、本当に気持ちよかった。リラックスできました」と笑顔で話した。  

このエントリーをはてなブックマークに追加