決勝・佐賀学園-佐賀商 4回裏佐賀商2死二塁、3番副島優斗が右越え2点本塁打を放ち、6-1と突き放す=みどりの森県営球場

▽決勝(みどりの森県営球場)

  • 佐賀学園 000100000|1
  • 佐賀商  40020001×|7
  • ▽本塁打 副島(商)

 第144回九州地区高校野球佐賀大会最終日は6日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、佐賀商が7-1で佐賀学園を破って6季ぶり29度目の頂点に立った。

 佐賀商は初回、7死四球を絡めて4点を奪い、主導権を握った。四回には副島が2点本塁打を放ち、着実にリードを広げた。投げては白仁田-野田の継投で佐賀学園打線を1点に抑えた。

 優勝した佐賀商は20~25日に鹿児島県で開かれる九州大会に出場する。

 

佐賀商7―1佐賀学園

 序盤から主導権を握った佐賀商が佐賀学園に快勝した。

 佐賀商は初回、7死四球を選んで4点を先制。四回2死二塁から3番副島の右越え本塁打で2点を加え、八回にも1点を奪った。投げては白仁田、野田の継投策がはまり、相手打線を5安打1失点に抑え込んだ。

 佐賀学園は四回1死一、三塁から8番永渕のスクイズで1点を返したが、序盤の失点が響いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加