アーモンド

 ガリっと一かみで香ばしさ広がるアーモンドは、果実の中にある「仁(じん)」と呼ばれる種子。春に薄桃色のかわいらしい花を付けた後、夏ごろ割れた堅い実からたくましく成長したその姿を見せてくれます。

 「甘扁桃(かんへんとう)」と呼ばれる食用のものはビタミンEが豊富なことが特徴であり、生活習慣病の予防、ダイエットなどの美容効果も期待できるほか、骨や歯の健康に大切なカルシウムも含まれています。また、薬用の品種「苦扁桃(くへんとう)」が持つ苦み成分からはせき止め、去痰(きょたん)の薬に含まれる「杏仁水(きょうにんすい)」の原料を抽出できます。

 一粒に膨大な栄養が詰まった魔法の食物。目元の美しさの一つとされる、アジアの人々に多く見られるまぶたの形状「アーモンド・アイ」の窓枠からしっかり見つめ、今日も健康を祈り「いただきます」。

このエントリーをはてなブックマークに追加