本部での警備畑が長く、警察署の勤務は8年ぶり。初めての署長職に重責をかみしめる。事件や事故の防止、早期解決には署員との意思疎通が大切といい、「誰でも遠慮なく、部屋(署長室)に入ってきてほしい」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加