佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長は5日、7日に投開票される県議選に向けた談話を発表した。 県議選を今後4年間の県政の行方を方向付ける選挙と位置付け「自らの意思を表明する大切な機会。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加