佐賀労働局は19日、県内の経済・労働団体に、明るい時間が長い夏場に合わせた効率的な働き方に協力するよう要請した。朝型勤務やフレックスタイム制の推進など、企業の実情に応じた自主的な取り組みを求めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加