日本サッカー協会は4日、第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、佐賀新聞社、NHK共催)の3回戦までの組み合わせを発表し、J1サガン鳥栖は7月3日に鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われる初戦の2回戦で、熊本県代表―大分県代表の勝者と対戦することになった。

 1回戦は5月25、26日に行われ、J1とJ2勢が登場する2回戦は7月3日、10日に開催される。5月12日に決定する佐賀県代表は1回戦の同25日午後1時から、和歌山県の紀三井寺公園陸上競技場で和歌山県代表と戦う。

 チーム強化費として支払われる優勝賞金は前回と同額の1億5千万円。47都道府県の代表など88チームが参加し、4回戦以降の組み合わせは3回戦終了後に決める。決勝は2020年元日に新国立競技場で開催される。

このエントリーをはてなブックマークに追加