ヘルメットと命綱を身につけはしごを登った=神埼市郡の吉野ヶ里歴史公園(2018年4月7日)

 吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)は6日から21日までの土日、普段は未公開の物見やぐらや高床の斎堂に、はしごなどを使って登る体験イベントを開く。

 12メートルある物見やぐらは南内郭にあり、期間中ははしごを使って登ることができる。ヘルメットと安全帯をつけるため、子どもも参加できる。北内郭の高床の斎堂は、板材の表面に足を掛ける段が刻まれている古代のはしご「刻みはしご」を使って登る。出土した実物は園内の古代植物館の展示で見ることができる。

 どちらも午前10時から午後3時まで。参加無料(別途入園料が必要)。問い合わせは同公園、0952(55)9333。

このエントリーをはてなブックマークに追加