武雄市は老朽化している北方町の市営高野こうや住宅と小原おばる住宅を、北方小南側に移転統合し「志久住宅(仮称)」として建て替える。22戸と30戸の2棟で、今秋に着工し、2021年春の入居を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加