佐賀空港と韓国の大邱(テグ)を結ぶ路線が定期便になったことを受け、佐賀県は2日、利用客60人に記念品を配った。韓国語で書かれた観光案内や空港オリジナルのポケットティッシュなどを手渡した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加