佐賀県東松浦郡玄海町は、約3億円をかけた温泉掘削事業で見つかった源泉について、町営の「玄海海上温泉パレア」での利用を断念した。湧出量が減った既存の源泉を補う目的だったが、湯量や温度が想定を下回った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加